おすすめの肉通販ランキングはどうなっている?

業務用加工肉やA5等級の和牛肉は専門の通販で!

特別に用意する肉は通販で購入する方が増えています。例えば、行楽シーズンに入るとバーベキューや屋外での焼肉パーティーでは大量のお肉を調達しなければなりません。

 

そんな時大変便利なのが肉の通販です。確かに業務用スーパーなどで準備して現地まで持っていく方も多いとは思いますが車内の荷物を少しでも減らしたいという方にとっては大変重宝しますよね。

 

 

それが肉の通販であれば牛肉、豚肉、鶏肉、鴨肉、馬肉、マトン、ラム肉などそれぞれの専門の通販から同じ指定日に届けて貰えば良いだけなのでとても楽です。


自宅用で取り寄せるも好し、ギフト用で購入するも好し、多種多様な用途に対応できる人気の肉の通販をご紹介しますので利用してみてください。

和牛肉のおすすめ通販ランキング

最高級松阪牛のギフト券は「やまと」で!

 

「やまと」は国産A5等級以上&黒毛和牛の最高峰の松阪牛を専門に取り扱う通販です。お祝いの贈り物、お中元やお歳暮の贈り物として人気があるのが「やまと」のギフト券

 

また、アウトドアで愉しめる国産黒毛和牛のホルモンや焼肉用のセットは自宅用としても最適です!

「神戸牛ドットネット」で極上の贈り物を!

 

「神戸牛ドットネット」は神戸牛流通協議会指定登録店で但馬牛の選りすぐりの神戸ビーフを取り扱う通販です。

 

神戸ビーフの中でもA5等級だけを取り扱っているので最高級ギフトとしてとても喜ばれています。目録やギフト券も取り扱っていて中でも引き出物ギフトとして大人気です。

米沢牛の事なら「さかの」にお任せ!

 

「さかの」は山形の五妻山か湧き出る水と寒暖差の厳しい土地で育ったA5等級の米沢牛を取り扱う通販です。米沢牛はきめ細かな柔らかい肉質が特徴。

 

またブランド牛の中でも比較的リーズナブルな価格で購入でき、山形県産黒毛和牛のホルモンや米沢牛の切り落としはとてもお買得です。

究極のローストビーフは「うし源」で!

 

「うし源」は創業100余年の老舗で奈良の榛原の地で最古の精肉店として最高級の黒毛和牛を提供。取材多数のオーダー後に焼き上げるローストビーフは人気、味ともに最高。

 

種類も豊富で加工肉や惣菜なも取り揃え、高級ギフトからお手頃な美味しい黒毛和牛を購入できるおすすめの通販です。

老舗牛鍋店の美味しい牛肉をご家庭で!

 

「人形町今半」は明治28年に開業した老舗の牛鍋店で店舗で提供されている最高級の牛肉を通販でもお届けしています。

 

すきやきやしゃぶしゃぶ用以外にもステーキや焼肉用も販売。また、群馬県産の「いなか豚」も販売していて特選ハムやソーセージの他、美味しい肉まんも大人気です。

各種おすすめの肉ランキング

シュラスコ肉

シュラスコというものをご存知でしょうか。最近、何かと耳にしたという人も多いかもしれませんが、主にブラジルを中心に南アメリカで食べられている肉料理の一つです。

 

もう一歩踏み込んでみましょう。このシュラスコ肉がどのような料理なのか具体的に見てみましょう。シュラスコ肉とは鉄の串に肉をさし岩塩を振り掛けて炭火で焼くという調理方法です。

 

簡単に言えば、バーベキューということができます。串にさすお肉の大きさは大きく、レストランで食べる場合は、焼けた大きなお肉を男性ウェイターが運んできて、

 

 

目の前で必要な量を切り分けるという方法で提供してくれるようです。


シュラスコを食べることのできるレストランは特別にシュハスカリアと呼ばれ、お店のスタイルも食べ放題であったり、サラダバーが併設されていたりと様々なようです。同じバーベキューとはいっても日本のバーベキューとは趣の異なった食事方法ではありますが、それでもみんなで楽しく食べることのできる料理であることに違いはないでしょう。

 

個食時代と言われている現代ですが、家族や友人と楽しみながらの食事のひと時を持つというのは楽しいひと時になることでしょう。

 

黒豚とその現状

豚肉と言っても様々な種類の豚肉があります。その中に黒豚というものがありますが、この黒豚も様々な種類があります。黒豚と言えば、埼玉や群馬、岡山、香川、鹿児島に有るようですが、その中でも鹿児島の黒豚はとくに有名であり、質もよく、豚肉でありながら、牛肉と同程度の価格がつくこともあったようです。

 

かごしま黒豚に限って言えば、かごしま黒豚は1999年に商標登録され、黒いダイヤモンドとも呼ばれています。かごしま黒豚として認められるためには肥育後期に資料の中にサツマイモを10〜20%加えたものを出荷する60日前から与えるということが定められていてきちんとこの条件をクリアしない限り、

 

 

かごしま黒豚として市場に出すことは出来ないのです。


また、それだけではなく、それ以外にもクリアしなければならない条件は多くあり、本当に質の良いものだけがかごしま黒豚として市場に出回ることになるのです。しかし、かごしま黒豚はブランド肉ともいえる商品で、どうしても価格が高めになってしまうことから需要が低くなってしまってきているというのが現状のようです。

 

イベリコ豚とは?

イベリコ豚という種類の豚肉をご存知でしょうか。

 

豚肉と一言で言っても様々な種類があるということは多くの人がご存知のことでしょう。豚肉として有名なものとしては、かごしま黒豚がありますが、こちらは、その名の通り、鹿児島で肥育された豚です。

 

では、イベリコ豚はどこの豚肉なのでしょうか。イベリコ豚とは、スペイン政府によって承認された豚肉になります。品種としては、イベリア種100%純血のもの、もしくは、イベリア種50%以上にデュロック種を交配させたもののみと定められているようです。気になるイベリコ豚の味ですが、

 

 

しつこくなく甘みがあるのがイベリコ豚の特徴と言われています。


また、飼料として与えられているものの影響により、オレイン酸を多く含んでいるという特徴もあります。

 

スペインで豚コレラが流行したため輸入が禁止されていたものの2004年に輸入が解禁され、それ以降日本でも多くの人に食べられるようになっています。飼育法として特徴的なのは放牧することであると言われていて、放牧することにより、より質の良い豚肉となると言われています。

 

三元豚とは?

豚肉と言っても今は様々な種類の豚肉が市場に出回っています。では、その中の一つ、三元豚という豚肉をご存知でしょうか。

 

こちらは、名前から連想できるという方もいらっしゃるかもしれませんが、3種類の品種の豚をかけあわせたものです。

 

日本国内に限られず、海外にも三元豚は存在しており、その中でも山形や米沢などの地名が付いた山形三元豚や米沢三元豚などが有名であり、その他にも、麦うらら三元豚などのようなカナダなどの海外で交配されたものなどもあるようです。

 

三元豚は、3種類の品種を掛け合わせたものになるため、雑種豚になりますが、それぞれは、純血種である必要があるようです。

 

 

3種類の品種のかけあわせ方にもいろいろ


な物があり、掛け合わせる種類によって豚肉の特徴が変わり、どのような種類を掛け合わせるかということは、生産者によって異なってくるようです。最近では、他の豚肉との差を出すために、バークシャー種と呼ばれる種類を掛け合わせているものなどもあり、質の高い豚肉が生産されているようです。

 

生産者の方々の努力によって質の高い豚肉がこれからも生産されていくことでしょう。

 

アグー豚とは?

豚肉にもさまざまな種類があります。有名なものとしてはかごしま黒豚などがありますが、それ以外にも市場に出回っている豚肉はいろいろあります。その中の一つ、アグー豚というものをご存知でしょうか。アグー豚の産地はどこでしょうか。

 

アグー豚は琉球在来種を原種としたものです。「あぐー」は沖縄県農業協同組合の登録商標であるため、アグーとして販売できるものは限られています。

 

条件としては、50%以上アグーの血が入っているものと定められています。これだけ聞くと、あぐー豚は基準が高いものと聞こえるかもしれませんが、実際には、ブランド品として出回っているものよりも

 

 

さらに質の高い豚肉を生産している農家が多い


ため「あぐー」ブランド自体に関してこれから話し合いが発展していくことになるかもしれません。肉質自体は臭みは少なく柔らかいのが特徴です。

 

また、脂肪が多いもののコレステロールが低めであるという特徴を持っています。また、旨味成分などは多いという特徴もあるようです。このように、アグー豚は味が良いと評判の高い豚肉と言えるでしょう。

 

もち豚の特徴とは?

豚肉と言っても様々な種類のものが流通しています。様々な種類の豚肉があるということは当然のことながら、それぞれの特徴があるということです。

 

色々有名な豚肉がありますが、その中の一つ、もち豚というものがあります。もち豚にも様々な特徴があります。豚肉というと臭いというイメージがあるかもしれませんが、このもち豚はその臭みがないというのが最大の特徴と言えるのかもしれません。しかも、甘くさっぱりとしていて食べやすいというのも特徴と言えるでしょう。

 

栄養素という観点から考えれば、ビタミンEが多く含まれていて疲労回復効果が有ったり、

 

 

高血圧の予防に役立ったり老化防止に役立ったりという効果


があり、健康にもよいという特徴があります。このように様々な特徴を兼ね備えたもち豚ですが、その質の良い豚肉を作り出すために与える飼料にも気を配り、豚の健康にも注意を払っています。

 

この生産者の方々の努力があってこそ出来上がったもち豚です。食品偽装などの問題が騒がれる中、本当に安心できるものを生産し続けようとしている生産者の方たちの努力があってこそのもち豚と言えるでしょう.。

 

金華豚の特徴とは?

金華豚という豚肉の種類をご存知ですか。もしかすると、世界三大ハムである金華ハムというもので金華豚を知っているという人もいるかもしれません。

 

中国の浙江省の金華市が原産地と言われている金華豚ですが、やはり、金華ハムのイメージが強く、そのまま食べるというイメージがないかもしれませんが、金華豚そのものも味やコクがあり、加工しなくても美味しく食べることのできる豚肉と言えるでしょう。

 

豚肉は普通穀物を飼料として与えますが、金華豚に関して言えば、穀物類を一切与えることなく、白菜などを発酵させたものを飼料として与えることにより、他の豚肉とは異なった質感の豚肉になるようです。

 

 

 

金華豚自体の数が減少してきてしまっている


ため、他の豚と交配させ質の高い豚を作り出す努力も重ねられているようです。このように、一つの豚肉を作り上げるためにもさまざまな努力が行われていて、その努力によって質の高い商品が出来上がっていくのです。

 

金華豚は知名度こそ上がってきたものの、まだまだ日本では幻の豚とも言われるほど貴重な物ともなっています。

 

名古屋コーチンとは?

名古屋コーチンというものを聞いたことはありますか。名古屋コーチンとは、その名の通り、愛知県の特産になります。様々な鶏肉がある中で名古屋コーチンは最も有名な鶏肉と言えるのではないでしょうか。

 

名古屋コーチンは鶏肉の中でも高級な食材として知名度の高いものと言えるかもしれませんが、名古屋コーチンは鶏肉だけではなく卵も有名といえます。そもそも、名古屋コーチンは1882年、バフコーチンという中国から来たものと現在の愛知県で飼育されていたものを交配させて誕生したのが名古屋コーチンの始まりと言われています。

 

この名古屋コーチン、一時は需要が減ってしまったために数が減少していきましたが、再び需要が高まると数は増加していき、

 

 

現在では地鶏と言えば名古屋コーチンと言われるほどに多くの人に求められるものへとなっていきました。


その後、採卵用、食肉用とが生産されていくようになり、現在に至っています。このように、人々に求められて再び生産数が増えていった名古屋コーチン、これからも地鶏としての頂点に立っていてほしいものです。

 

比内地鶏の歴史

比内地鶏と言えば日本三大地鶏の一つとして数えられていますが、もともといた比内鶏は商品として市場に出すためには多くの問題がありました。その一つが、繁殖力の弱いということや、病気になりやすいということでしょう。そこで登場したのが比内地鶏でした。

 

商品として市場に出すためには、生産性を上げる必要がありました。しかし、比内鶏の特徴を残しておく必要がありました。そこで交配させたのが比内鶏の雄とロードアイランドレッド種の雌でした。

 

しかし、ただ、交配させればよいというわけではなく比内地鶏として認められるのは比内鶏とロードアイランドレッドを

 

 

一代掛け合わせたものを比内地鶏として品種を固定したのです。


比内地鶏として認められるのは一定の条件をクリアしているものに限られているので比内地鶏はブランドとして確立されたのです。

 

そして、実際、比内地鶏の味はとても良いと評判で歯ごたえがあるものの固いわけではなく、味はしっかりとしているという評価を得ているようです。それら様々な定評を得て日本三大地鶏となっていきました。

 

薩摩知覧どりの美味しさ

さつま知覧どりというものをご存知ですか。その名の通り鹿児島で飼育されている鶏肉になります。このさつま知覧どりは、普通の鶏肉と異なる点があります。大抵、一般的な鶏肉は若鶏ですが、このさつま知覧どりは若鶏ではないのです。

 

なんと、450日間という長い時間をかけて成長させていくのです。もちろん、若鶏には若鶏の長所があります。しかし、成長した鶏には成長した鶏のよさがあるのです。それは一体なんでしょうか。成長した鶏のよさの一つは、味の深みでしょう。鶏が成長していく間に、

 

 

若鶏にはないうま味が増えていくのです。


もう一つの良い点はどこでしょうか。それは歯ごたえです。当然、若鶏のよさは柔らかいことでしょう。しかし、裏を返すと歯ごたえがないということにもなってしまいます。

 

その点、このさつま知覧どりは長い時間をかけて成長させているので味も濃く、適度な歯ごたえもあるようです。このように多くの人から美味しいと絶賛されているさつま知覧どりではありますが、薩摩地鶏とは異なりまだ地鶏としては認定はされていないようです。

 

大和肉鶏の特徴

大和肉鶏という鶏肉をご存知ですか。こちらは奈良県の特産品の一つとなっているようです。通常、鶏肉というものは60日ぐらいで出荷されるようですが、この大和肉鶏は120日から140日という長い時間をかけて成長させていくようです。

 

長い時間をかけて成長させていくメリットはどこにあるのでしょうか。最大のメリットは味にうま味が出てくることでしょう。長い時間をかけることで、大きさとして成長するというよりは味に深みが出るようです。

 

鶏肉として食べるわけですから、味が美味しいかどうかというのは何よりも重要なポイントとなるのではないでしょうか。その他にも、ゆっくりと時間をかけて成長させた、

 

 

大和肉鶏は適度な歯ごたえがあるというのも重要なポイントと言えるのではないでしょうか。


脂肪も適度な程度入っているのでそういった面から見ても美味しく食べやすい鶏肉と言えるでしょう。味としては、甘みがあると言われるほど誰にでも食べやすい味となっています。生産者の方々が作り守ってきた大和肉鶏、これからも多くの人から愛されるものであってほしいです。

 

阿波尾鶏の特徴

阿波尾鶏という鶏肉を聞いたことはありますか?阿波尾鶏として認定され、販売が始まったのは平成2年の時のことで歴史自体はあまり古いものではないようです。

 

そもそも、もともとは徳島県には赤笹系軍鶏というものがいたようです。しかし、その鶏を改良していき作り出した鶏肉がこの阿波尾鶏ということになります。通常、一般的な鶏は60日で出荷されるようですがこの阿波尾鶏は80日間ゆっくりと育てていくようです。

 

そのように、ゆっくりと時間をかけて育てていくことにより、味の濃い歯ごたえのしっかりとした鶏肉へと変化していくのです。また、阿波尾鶏の味の良さはデータにもあらわれているようです。旨味成分である

 

 

グルタミン酸などが多く他の鶏肉よりも甘みなどが強いということになります。


その後、生産数や販売数は増加し、鶏肉の中ではトップブランドへと成長していきます。このように順調に成長していった阿波尾鶏ですが、それは生産者の方々の並々ならぬ努力のたまものと言えるでしょう。是非、これからも消費者が安心して食べることのできるものを生産していって欲しいものです。